【お金の真理から学ぶ】お金に恵まれるために必要な3ステップ

紹介本一覧

こんにちは本の宅急便です。

高校生になってからお金の使い方が乱暴になってしまっていてお金が貯まらない・・・という悩みを抱えていました。例えば学校の帰りに寄り道してスイーツを食べたり、好きなゲームを買ったりしていましたね。

ですがこのお金の使い方のまま大人になってはまずいということでお金の勉強をすることにしました。

そんな中「お金の真理という本がおすすめ」と聞いたので読んでみることにしました。

「お金の真理」とは無名から資産70億円を築き上げたすごい人”与沢翼”さんの著書です。ページ数は300ページ超えとボリューミーでしたね。

結論から言うと一流のお金の使い方&考え方を学べてめっちゃ良いです。今回はそのお金の真理を軸にお金の使い方をアウトプットしていきます。

ちなみにこの記事はこのような方へ向けて書いています。

STEP1 制約

お金に恵まれるためにまずは制約をつけることが大事みたいです。

与沢翼さん著の「お金の真理」ではその理由について次のように述べています。

欲望は歪んでいき、ブラックホールのように大きく増幅していきます。どこまで行っても満足する境地は訪れません。不要なのに必要なんだと自分で錯覚を強化していきます。

「お金の真理」(与沢翼著)より引用

お金があればあほど欲望が増えていきます。例えば高級車とかブランドの服を書いたい・・・とかですね。

するとどうなるのか?

お金がなくなっていきます。

当たり前ですよね。お金は使えば使うほど無くなっていくものなのですから。なのでお金の出費の根底にある「欲望」を制約することが大切になっていきます。

欲望を制約できればあっという間にお金の貯まることでしょう。実は僕も欲望を制約しお小遣いを貯めることができました。

ではどのように制約するのでしょうか。

短期的に気持ち良くなった後の長期的な不快感になんの価値があるのでしょう。

一生の絆にもつながらない交遊に時間を使って、果たしてどれほどの意味があるのでしょう。

真のお金持ちになりたいと思うのであれば、これらは害悪でしかないことを悟ったわけです。

「お金の真理」(与沢翼著)より引用

いらないものを考えましょう

例えば僕の場合

・食...家に帰れば食べ物あるし自分で買うことはないな 食費却下!
・服...特にいらないかな?
・本...勉強になるから買おう

こんな感じで食べ物と服にお金は使っていません。

学校の帰りも何も買わなくて済むので着々とお金が溜まっていくわけです。

STEP2 稼ぐ

次にお金の稼ぎ方についてです。

私はやはりフリーランスでお金を作るべきだと考えています。

会社の仕事は続けながら、就業時間後や休日を活用して、なんらかの副業・兼業・投資をして、お金を稼ぐのです。

「お金の真理」より引用

副業をしましょう。

最近ではYouTuberだったりブロガーっていう職業も出てきているので開拓できそうな分野です。

ですが、与沢さんは副業について次のような注意点を挙げています。

儲かると考えない...期待値が高すぎると儲からない時にやめたくなる。期待値を下げることで継続しやすくなる。
・当たらないを前提に

副業は儲かるまでが大変ですが仕事の革命だと思います。なぜなら仕事の掛け算ができるからです。

例えばブログやりながら、YouTubeもできる。これって普通の仕事じゃ考えられないことだと思います。

なので儲かるとか考えずやってみましょう。僕も期待値が低いのでブログを続けられています。

STEP3 守る

人間はいっときの感情で欲しいと思ったものが、余裕を持って現金一括で買えないかぎり、お金の懲役刑だけが残りますから、買ってはいけません。

「お金の真理」(与沢翼著)より引用

人間は欲のある生き物です。お金があれば欲しいものがたくさん見つかると思います。

ですがその欲を狙って商売をしている人もいます。人間の心理に漬け込んでお金を払わせるんですね。

ではどのようにお金を守っていくのか。それはある考え方が重要になってきます。

ある考え方とは「一括払い」です。

今あなたの欲しいものが現金一括で買えるなら購入しなさい。出来ないのであればそれは諦めなさい。」これが与沢さんが言っていたお金を守る真理かもしれません。

例えば、マイホームが欲しいけど一括で買えるほど資金はありません。この時にローンを使ってまで買うべきでしょうか?それともやめるべきでしょうか?

答えは「やめるべき」

ローンという優しい言葉の裏にあるのは3000万円の借金。

例えば30年で返すローンだったら、30年間の「お金の懲役刑」ということで30年間は身動きができなくなってしまいます。だから現金一括で払えるくらい余裕を持てということなのです。

余談:99パーセントの広告はハニートラップ

与沢さんは「お金の真理」の中で「宣伝広告の99%はハニートラップ」と言っています。なぜなら・・・

・美男美女を起用したCM
・人目を引く広告
・お得そうなキーワードを連呼するテレビショッピング

などが挙げられるからです。なのでお金を守るにはハニートラップについても認知しなくてはいけません。

コンビニの誘い文句、お得そうなキーワードを連呼するテレビショッピング、ネット上での誘い…情報化社会になった今、ほぼ全てにアンテナを張らなければいけなくなってしまいましたね。

まとめ

本記事の内容をまとめると以下のとおりです。

  1. いらないものを考えてお金を節約する
  2. 本業+副業は強い
  3. 現金一括で買えないものはまだ自分には早いもの→買えるまで待ちましょう

要するに収入があっているものいらないものを見分けられる力があれば大丈夫ということです。

追記:お金の真理で印象に残った内容

最後に本書を読んでいてとても印象に残ったことを紹介します。

それは「コロナショックでマイナスになった企業がある一方、うまく対応してプラスになっている企業もある」ということです。

つまりどっかのマイナスはどっかのプラスということなのですがこのことに気づいたので「チャンスはどこにでもある!デメリットだからって絶望しなくてもいい!!」と自信に繋がりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました