【感想】後悔しない超選択術で後悔のない生き方を学べた

紹介本一覧

こんにちは、本の宅急便です。最近どうもストレスが多くて、より良い人生ってなんだろう・・・と言う悩みを抱えていました。

そこで学校の図書室へ行きいろんな本を探していると『後悔しない超選択術』と言う本に出会いました。

どうやら後悔しない選択について知れるみたいで、これは今の自分にぴったりだと言うことで読んでみました。

内容はこちら(出版社より)↓

西東社より引用

この『後悔しない超選択術』はメンタリストDaiGoさんの本で「なんであの時にこっち選ばなかったんだろう…」のような後悔への対処法がメインに書かれているビジネス書です。

結論から言うと後悔のない生き方を学べて満足しています。

今回は『後悔しない超選択術』を読んだ感想を書いていきます。

内容はめっちゃ充実している。後悔で悩んでいる人におすすめ

普通に内容が充実してます。選択の仕方から、後悔しない方法、後悔への対処法など幅広く書かれているので勉強にも参考にもなる一冊ですね。

特に後悔の対処法は必見。ネガティブなことや後悔って無意識のうちに頭に浮かんできちゃうものですが、この本ではどうやってその後悔をなくしていくかの情報が満載なので「あのとき〇〇を選んでおけばよかった…」と言った後悔を持っている人にはこの本がぴったりです。

また、どれも科学的に証明されている情報なのが嬉しいですね。そのため何も知らないど素人でもこの本に書いてあることを始めやすいですし、科学的に証明されているので実践しても失敗しにくいと言うメリットがあります。

そして「選択術」。選択術では「どうすれば合理的な選択をできるのか?」に的を絞って話しているので選択時の悩みはこの一冊で全て解決できると思います。

と言うのも「自分に合った選択で最高の人生を送ろうぜ!!」みたいな感情ファーストの本と違って「研究ではこのような考えでこのような選択をするのが望ましいとされています」みたいな客観的事実が多かったので多くの人にも当てはまって選択時の悩みが解消できます。

こういう科学的証明って大事ですよね。みんなに当てはまる要素だから自分を知るのにピッタリなんですよね。

ただ、合理性とか客観性が一番!で書かれているのでもしかしたら納得いかないような内容があるかもしれないです。

追記:サクサク読めちゃう

この本、可愛いイラストがあったり、マーカーでポイントとなる文章が強調されていたりするのですんごい読みやすいですね。

また、1ページに書かれている文字の数も少なく、余白が多いのでサクサク読めちゃいました。

西東社より引用

タイトルの内容のギャップが気になるけどテクニックが半端ない

この本の内容ですが、特に目立つのは「いい選択&後悔しないための」テクニックの多さ!

瞑想テクニックから不安解消法、さらに選択に基準を作るテクニックまで書かれているんですよ。さらにテクニックの内容も初心者が始めやすいので問題なし。これ、嬉しいとこですよ。

テクニックが書かれていても難しかったりよくわからないものもありますが、この本では研究に裏打ちされているテクニックで効果もわかりやすいものなのですぐ実践できます。

ただ、気になったのはタイトルと内容のギャップですね。と言うのもこの本を読む前までは「後悔しない選択=正しい選択」と思っていたのですが、読んでみると「その選択に後悔を持たない方法」でしたね。

ですがどのみち後悔を打ち消すための内容を学べるので僕は問題ないのですが、正しい選択を気にしている方は読まない方がいいと思います。

内容を実践したら作業が捗るようになった

この本に書いてある後悔しない選択の仕方を実践してから自分の夢とか目標を再確認できて作業が捗るようになりました。

僕は以前、ビジネスで成功してお金稼ぐんだ!!という目標を持っていたのですがつい、目先の誘惑(YouTubeとかゲーム)に負けてしまい思うような作業や成果を出すことができませんでした。

ですがこの本で、後悔しない選択というのを改めて考える中で以前よりも今すべきことが明確になって作業にエンジンがかかりましたね。

さらに、この本で紹介されているテクニックの中には誘惑に負けないで思い通りの計画で過ごせる方法もあり、今の自分にはぴったりで勉強になりました。

また、一概に後悔しない方法、選択術と言っても、その中には物事を先延ばしにしないコツだったり1日の作業量を増やす方法など意外とライフハックになるようなことも書いてあったので働き盛りの方にはもってこいの一冊ですよ。

結論:後悔したくない方はこの本がおすすめです

そんなわけで後悔する選択をしたくないという方にはこの超選択術がオススメですよ。また、Amazon Audible(本の朗読サービス)だと無料で読めるのでまずは無料で読んでから買うかどうか考えるのもアリです

コメント

タイトルとURLをコピーしました