【感想】東大読書を読んでから難しい本も読めるようになった!

紹介本一覧

こんにちは、本の宅急便です。

最近読書にハマっていていろんな実用書を読むのですが、内容を理解できていなかったり読み終わると内容も忘れてしまう・・・という悩みを抱えていました。

そこで読解力や正しい読書法を学べる本を探していると「東大読書」という本に出会いました。

東大読書とは偏差値35から2浪を経て東京大学に合格した西岡壱誠さんの本で、東大生が行っている読解力と地頭力を上げるための読書法が書かれています。出版社はこちら↓

そんな東大読書という本ですが読書術に関する本を買ったことがなく、この本を買うべきか悩んでいました。

ですが「東大読書」というタイトルが気になってしまい買って読んでみることに。

結論から言うと難しい本をスラスラ読めるようになったり、読解力が上がったりしてめちゃくちゃ満足です。

今回は「東大読書」を読んだ感想を書いていきます。

目からウロコの情報が多かった!効果的な読書をしたい人におすすめ。

いやこの本、めっちゃいいです。目からウロコの情報が多かったですし小手先のテクニックじゃなくて、ちゃんと読書の本質を踏まえているのでものすごい参考になります。

ただ、テクニックの難易度がやや高かったので、実践のしやすさは微妙ですね。

例えばこの本でインタビュアーになりきって読む方法が紹介されているのですが、いざ実践してみてもなかなかうまくいかなかったりします。

なので今すぐに読書の質を改善したいという方には向いていないのですが「ゆっくりでもいいから読書の質を上げていきたい」という方にはぴったりの一冊ですよ。

この本に書かれている読書術を自分のものにするまでにたくさん時間はかかりますがその分、読書の質の変化が一目瞭然です。

若干データに欠けているのが気になるけど内容はハンパない

Amazon「東大読書」より引用

東大読書の内容ですが特に目立つのは読解力と地頭力を上げる方法が書かれていることです。

ぶっちゃけ、これが買うときの決め手になりました。

というのも本屋で選ぶときにいろんな読書術の本があったのですが、どれも読解力にフォーカスしていて読解できた後の話がないんですよ。

けれどこの本なら読解してさらに地頭を上げるための読書についても解説している。これ、嬉しいですよ。

これ一冊あれば読解力はもちろん地頭力も鍛えられるのでめちゃめちゃいいです。

ただ、難点としては研究で証明されている方法ではないということです。

こういうテクニック系の本って研究に基づいているのが多いですがこの本は著者の経験や東大生に聞いた方法が多かったです。

東大生ということもあって読書術はどれも理にかなっているので僕は気にしていないのですが、確実に読解力を伸ばしたかったり科学的根拠のある内容を実践したい人は避けた方が無難かなと思います。

悲報:この本の内容を忠実に再現しているとなかなか読書が進まない

この本に書かれていることを実践していると確かに内容の定着度や内容が理解しやすくなったりするのですがぶっちゃけやや面倒ですね。

というのもこの本で紹介されているテクニックはどれもまぁ手間がかかるんですね。

例えば読み始める前に付箋にメモしたり。なのでいざこの本の内容を実践するとなるとなかなか読書が進まないですね。

それよりも「今日から読む本では東大読書の〇〇テクニックを意識する」のように目標を定めてから徐々にレベルアップしていく方が無難ですね。

実践していくことでその分読書内容が頭に定着したり、読み終わった後に内容を忘れてしまうといったことも防げるので実践するに越したことはないと思いますよ。

楽と効果は両立できないんじゃないかなと思っているので僕は目をつむり、一歩一歩実践していくつもりです。

注意:電子書籍で本を読むときはこの本に書かれている読書術が使えないかも

この本に書かれている実践内容は主に紙の本が対象でKindleといった電子書籍では使えない場合があります。

例えば付箋を見返しに貼ってその都度振り返るというテクニックがこの本で紹介されているのですが、電子書籍では使えなさそうだなといった印象です。

なのでこの内容を実践するときは紙の方がいいですね。また本を買うときに紙とKindleどちらで買うべきかという疑問はこちらの記事で解決できますよ。

難しい本もすらすら読めるようになった!

この本に書かれている内容を実践していったことで難しい本もすらすら読めるようになりました。

これまでは難しい本を読んでいると途中から内容が頭に入ってこなくなったり、文字をただ眺めているだけということがあったのですが、この本を読んでからは本を読むコツを知ることができ練習していくことで徐々に難しい本でも読めるようになりました。

読書の幅が広がりましたし、難しい本を読んでる時のぼーっとした感じもなくなりました。

読書の本質をしれてめちゃくちゃいい・・・という印象ですね。やはり読解力に加えて地頭力も鍛えられるこの本がよく働いているのだと思います。

以前はそもそも本の読み方も知らなかったので・・・正しい本の読み方を教えてくれる本って、やっぱり強いです。本を読む時の説明書のようなものですもんね。

補足:ムダ読みをなくすには読んでみるべき!

無駄読みをなくすにはぜひこの本を読むべきです。

僕はこの本で読書術を学ぶまで本の読み方を知らず、読んでもすぐに内容を忘れる、ただ字を追っているだけで内容が頭に入ってこない・・・という悩みを抱えていました。

ですがこの本で頭に定着しやすい読書法や読解力の上がる読み方を学べ、さらに実行していくことで徐々に難しい本でも読めるようになったり内容が頭に定着していったので読書の効果を最大限引き出したいという方にはもってこいの一冊です。

結論:読書術なら東大読書がおすすめです

そんな訳で「本読んでるけど話の内容が入ってこない」と思っている方には、東大読書がおすすめですよ。

Amazonの電子書籍読み放題サービス「Kindle unlimited」だとこの本を無料で読むことができます。初回の30日は無料体験できるのでまずは電子書籍で読んでみる方がいいですよ。もし東大読書が自分に合わないと思っても無料体験期間中でしたら公開ゼロです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました